タックスプランニング

タックスプランニングとは、これから発生する法人税、消費税等の税金について計画(予定)をたてることです。

これから発生する税金について計画をたてるためには、これから所得(利益)がどのように発生するかの予想(見積り)が必要となります。そのためには、1年から3年程度の事業計画を作成する必要があります。前年度を参考に作成することが、簡単に確認できる方法ですが、精度の高いタックスプランニングをするためには、同じような事業計画が必要になります。

税効果会計を実施している企業については、繰延税金資産の回収可能性を検討するために将来の事業計画と、タックスプランニングは重要となります。

保有している不動産や投資有価証券等の売却のタイミングや、その実現性(本当に売却するのか)についての検討が必要です。

事業計画については、取締役会等で承認されることが多いですが、そのタックスプランを明示してまで作成されていないケースがを見かけます。実務担当者は、上記のことも念頭のうえ事業計画を策定する必要があります。



16回の閲覧
​電話でのお問い合わせ

受付時間

9:30~17:00

お問合わせフォーム

受付時間

24時間受付

  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon

copyright 🄫 Mochizuki Shiro CPA Office. All rights reserved.

受付時間

9:30~17:00