freee導入支援

月次決算の早期化・省力化を検討している方

freeeとAsanaの導入を提案します。

予実決算、管理会計に注力できます!

​早めのご対応で早期化対策は万全に!

なぜfreeeはなのでしょうか?

freeeは、簡易版のERPソフト。単なる会計ソフトではない。
クラウドサービスなので、情報共有がタイムリー。
不足する人的リソースを活用することができる。
省力化した仕組みをそのまま利用可能

なぜAsanaはなのでしょうか?

Asana(アサナ)は、業務管理ツール。
​業務を見える化して、必要なことに注力可能に。
​タスクを管理することでスケジュールの実現可能に。
​品質を担保する統制を明確に設定可能。

これらfreeeとAsanaを同時に導入することで、従来実現しえなかった月次決算早期化を業務プロセスの明確化と課題の明確化を行うことで、早期に実現することが可能です。

月次決算の早期化を3か月で実現します。

090-4051-1385

TEL

9:30-17:00

クラウド会計ソフト「freee」の導入支援メソッド

Asanaで弊事務所が作成した「freee」導入プロジェクトを使って、簡単に適用

 いままでに培った導入ポイントをタスク化したAsanaプロジェクトを使えば、

 

 役割分担を明確に、スケジュールの設定を行えます。

◎クラウド会計ソフト「freee」

  インターネット環境さえあればどこでも利用可能な利便性の高さと、

 金融機関データの自動取込&自動仕訳機能等が特徴の会計ソフトです。

​  

◎導入のメリット

  日々の記帳や入出金の管理、請求書の作成等が簡単に行うことができ、

 経理業務を大幅に効率化することができます。

  さらに、財務分析に必要な各種レポートを自動で作成してくれるため、

 お客様の経営状況をリアルタイムで把握し、的確な経営判断を可能にします。

◎導入支援

  基本情報設定方法から日々の記帳や入出金の管理、請求書作成等のオペレーションを

 わかりやすく説明し、お客様がシステムを使いこなせるようにサポートいたします。

◎クラウド会計ソフト「freee」の導入メリット ※ 要修正

​ 月次決算を実現する手段

 記帳代行を外部の会計事務所に依頼した内容では、管理会計には利用できない。

​ 月次決算体制の構築のため

 情報共有をスムーズに行う事ができる

 リアルタイムに経営状況を把握、経営改善・売上アップにつながる

 

 

 

​電話でのお問い合わせ

受付時間

9:30~17:00

お問合わせフォーム

受付時間

24時間受付

  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon

copyright 🄫 Mochizuki Shiro CPA Office. All rights reserved.

受付時間

9:30~17:00