​よくあるご質問

​記帳代行とはなんでしょうか?

記帳代行とは、お客様より預金データ(または通帳のコピー)、領収書、請求書などをお預かりして、お客様に代わって会計帳簿を作成するサービスのことをいいます。

2014年以降、すべての事業者について記帳義務が課されることになりました。

会社は会計帳簿を作成しなければいけません。

しかし、会計帳簿を作成できる人を雇うのは難しく、経営者が会計帳簿を作成するのは本質的ではありません。
そのため、会計事務所が代わって会計帳簿を作成します。

​記帳代行とはなんでしょうか?

節税対策にはどのようなものがありますか?

節税対策には、法人や個人によって適用される税法が異なりますが、基本として事前の準備なしには、効果的な節税対策はできません。そのために事業計画と関連したタックスプランニングを実施することが効果的です。

しかし、節税ニーズの多くは、あまり計画的に行って対策をしていなかったことがからですが、対策がないわけではありません。

直前でも適法で対応可能な事項もあります。

ご興味がある場合は、以下のリンク先によりセルフチェックを実施してみてください。【法人】

節税対策にはどのようなものがありますか?

決算と申告業務だけの依頼はできますか?

弊事務所では、年1回の決算と申告業務だけのご依頼も承っております。

また、年1回、1年分の記帳代行をまとめてご依頼いただくこともできます。

まずはお問合せよりご連絡ください。

決算と申告業務だけの依頼はできますか?